10月 192013
最終更新日: 2020/03/29
 


国内の「陽の出と陽の入り」は既に作りましたが、これは旅に出た時の絵です。
残念ながら(?)太陽は世界中の何処にでもあるので景観は同じようなものですが、旅先での「陽の出」は今日一日への期待が膨らみ、「陽の入り」を見ると一日の充足感を感じます。

既成の国内での「陽の出と陽の入り」にも書きましたが、絵を見ただけでは朝か夕刻かが分かりません。
従いまして、撮った時の記憶を基にしたり、EXIFで確認したりして貼付けました。

ーーーーー「陽の出」ーーーーー

アンブレラツリー(アカシア)を浮き立たせて陽が昇る。(セレンゲティ・タンザニア)
これからサファリ。今日はどんな野生動物が見られるか、期待が膨らむ時です。
IMG_2966

 

 

ジョモ・ケニアッタ空港の日の出。

DSC00682

 

 

 

サファリカーの中から、、、。今日はどんな野生動物が見られるか、期待が膨らむ時です(撮影地・同)
IMG_2959

 

 

 

 

野鳥たちも朝食に向かう時間です。(同)
IMG_3100

 

 

 

 

IMG_2956

 

 

 

 

ケニア山(5199m)に陽が昇る。(アバーディア・ケニア)

IMG_1183

 

 

 

 

IMG_1197

 

 

 

 

ムパタ・サファリクラブから。(マサイマラ・ケニア)

IMG_1363

 

 

 

 

ガンガプルナ(Ganga Purna 7455m)からの陽の出。(ポカラ・ネパール)

DSC01436

 

 

 

 

DSC01433

 

 

 

 

サハラ砂漠の日の出。(クサールギレン・チュニジア)

IMG_2102

 

 

 

 

観光客を待つラクダ。(同)

IMG_2112

 

 

 

 

砂漠の陽の出。(セスリュム・ナミビア)

IMG_3501

 

 

 

 

宿泊したロッジから。(同)

IMG_3317_1

 

 

 

 

IMG_3312

 

 

 

 

野鳥の声に起されて撮った、薄曇りの陽の出。(アルゴンキン・カナダ)

IMG_0957

 

 

 

 

朝食の前に、陽の出の広場に行ってみました。(ベネチィア・サンマルコ広場)

IMG_0891

 

 

 

ーーーーー「陽の入り」ーーーーー

ヤシの木を浮き上がらせて陽が沈む(サンブル・北部ケニア)。

IMG_4141

 

 

 

 

ンゴロンゴロ・クレーターを照らしての日没(ンゴロンゴロ・タンザニア)。
直径20キロ深さ800メートルという、世界最大のクレーター。

IMG_2947

 

 

 

 

サバンナの夕日(セレンゲティ・タンザニア)。

IMG_3001

 

 

 

 

IMG_1143

 

 

 

 

IMG_1129

 

 

 

 

果てしなき草原(スワヒリ語のセレンゲティ)に沈む陽。(同)

IMG_3111

 

 

 

 

IMG_1267

 

 

 

 

巨大な雷雲の柱を浮き上がらせた日没。(同)

IMG_3148

 

 

 

 

神秘的な日没。(アパチャ湾・カムチャッカ)

IMG_2336

 

 

 

 

ザンベジ川の夕日(この川下にビクトリア・フォールズがあります)。(ジンバブエ)

DSC00131

 

 

 

 

IMG_3236

 

 

 

 

IMG_3239

これ以降も、新たに撮った絵を貼り付けていくつもりです。



 Posted by at 6:31 PM


  2 Responses to “旅先での「陽の出と陽の入り」(Z&Pの旅)”

  1. バースデーメールありがとうございます。
    早速訪問させていただきました。
    流石に写真がキレイですね。
    懐かしい風景も、、、。

    ただキレイなだけでなく、やはりセンスの良さが光っています。

    • シャンプーちゃん

      書き込み有り難うございます。
      シャンプーちゃんの、アバーディアでの半地下の撮影場所から撮ったゾウの絵は素晴らしかった。
      あの絵は賄賂を払わなくとも、日展に入賞ものですよ(笑)。
      アバーディアには、もう一度行きたいですね。

 コメントを記入してください