12月 072014
最終更新日: 2018/11/26
 


 

河の対岸に現れるオオタカを狙って、早朝から河原に三脚を立てて待っていました。
1時間経っても現れるのはカワウとサギにトビ。しかし、こんなことは日常茶飯事。
持ってきたコーヒーを飲み、何本目かのタバコを吸う。スモーカーには肩身の狭い昨今だが、ここには幸いにも迷惑をかける人はいない。

それから数十分したころ、どこからか子猫の鳴き声がします。
対岸を見回すと遠くの崖に子猫が落ちてしまった様子。
下は流れの強い川なので、落ちたら助からないでしょう。
何とかしようと拙者は椅子から立ち上がりましたが、いかんせん川幅は広く子猫が落ちた場所まで行けません。

そうこうしていると、猫ママが現れたのです。
あ〜良かったと思って見ていたのだが、子猫が落ちた場所は急勾配で猫ママも近づけず猫ママの出す手も届きません。
子猫は泣き叫び、猫ママはウロウロするだけ。
そんな状況が10分以上続きます。
猫ママは必ずや子猫を助けるだろうと信じて、拙者はその様子をビデオで撮り始めました。

つたないyoutubeをご覧になった方々から、沢山のコメントを頂いたことにここで感謝を申し上げます。
参考までに、ご覧頂いた視聴者の皆さんの回数は(2018、5現在)67万回です。

その中に「ビデオを撮っているのなら助けてやれ」等のコメントがありましたが、前述の如く猫の親子は川(一級河川の相模川)の向こう側です。
ビデオカメラは低い位置にセットしてあったため、川を撮ることは出来ませんでしたので、 pamiが一眼で撮った川が写っている絵も添付しました。
ご理解いただければ幸甚です。

 

およそ30分近くを要した、猫ママの子猫救出劇です。

7Y8A8253

 

続きを読む »

 Posted by at 6:19 PM